プリモ

プリモフードの特徴 その2

プリモフードは色や形にこだわりません。

色や形に一切こだわらず犬の健康を第一に考え、製造されたドッグフードです。
原材料に生ものを使用している為、色・形・匂いは変化する事があります。
(形状を安定させる為の増粘性添加物を使用しない為、粒の形は安定しません。

・生肉を使用していますので部位により「スジ」があります。
フードの粒に糸くず(繊維)のようなものが付いている場合がありますが、それが肉のスジです。
生肉をミンチ機にかけドッグフードを乾燥させるとスジが繊維状になります。
肉骨粉、肉粉を使用して製造しているフードは、この繊維質状のものはありません。
ロットによりスジの多い時、少ない時と毎回バラつきがあります。
原材料に肉骨粉を使用せず、生肉を使用している証拠でもあります。

・鶏肉は、鶏を丸ごと(内臓以外)使用しています。
ミンチ機にかけますが、爪や皮がそのまま残っている場合があります。
白や半透明のプラスチックのようですが、白色は骨、半透明の物は、足の皮です。
乾燥剤のような丸い粒は、魚の目玉もしくはゴマです。
黒い色の小石のようなものは煮干しの肝です。

飼料用の原材料も使用する為、混入物が入っている場合がまれにあります。
通常は、高温で処理しますのですべて溶けて無くなりますが、
当社の場合材料の栄養素を壊さないよう低温で製造している為、
混入物があった場合そのまま残ってしまいます。
その為、混入物がないか「ふるい」にかけて一粒一粒丁寧に、検品を行っております。

人間の都合(見た目やゴミの無いフード、腐らないフード)が1番ではなく
犬の健康を1番に考えたフードである事をどうぞご理解して頂きますように宜しくお願い致します。

*色や形など見た目にこだわる方はご遠慮ください。

国内生産の出来立てドッグフードをお届けします。

たとえ良質な材料を使っていても製造されてから愛犬の口に入るまでの期間が長ければ意味がありません。
海外で製造されたドッグフードが日本の市場に出回るまでにはどれくらいの時間が掛かるのでしょう?
当然大量生産されていますので長期保存が出来るように
防腐剤、合成保存料、酸化防止剤を入れなければなりません。

プリモフードは、手作りフードの経験と実績のある生産者の方々が毎日、生鮮製品を仕入れ、
一粒一粒手作業で作り上げております。
その上、合成保存料は、一切使用していませんのでドライフードといえども、
保存期間は、約1ヶ月です。

どんな保存料・技術を使うよりも材料の新鮮さが1番です。
国産ですので、出来立ての新鮮なドッグフードをすぐにお届けできます。

プリモフードは全犬種対応のドッグフードです。

必要な栄養は仔犬でも老犬でも変わらず、
バランスのとれた食事を摂ることがとても大事な事なのです。
その為パピー用、老犬用といった区別は必要ないと考えています。
良質で新鮮な原材料を使用したフードを、仔犬から老犬まで食べるのが理想なのです。

商品のご購入はコチラから
(C)2009-2010 helloperrooo.com All rights reserved.